メモリアル家族葬のレーベン社

低価格で高品質な家族葬のことならお任せ下さい

家族と近い友人だけの少人数でのお葬式、心のこもった「家族葬」

葬儀は今でも大きなイベントです

かつては自宅でしていた通夜や葬式ですが、専門の会場で執り行うようになり、今では家族葬という方法も出てきました。
今もまだ田舎では自宅でお葬式をするところがありますし、多くの人に参列してもらう盛大な葬式も多いです。
自治体が同じだという人、故人の家族の関係者など、実際に故人とあまり面識のない人も大勢参列して個人を見送ってくれるのです。
遺族は多くの弔問客に気を遣ってしまい、故人とお別れ惜しむというよりは、無事に葬式を終えることを祈ってるということにもなりかねません。

ただ多くの人におくってもらえれば嬉しいとは限らない

多くの人に見送ってもらうのも故人にとっては嬉しいのですが、本当に自分との別れを惜しんでくれる人に見送ってもらうのが本当に嬉しいことでしょう。
また多くの人が弔問に来てくれる葬式では、それなりに豪華にするので費用もかかります。
そのようなことから最近では家族葬が流行ってきています。

少数の親しい方のみで故人をおくる家族葬儀

家族葬は遺族とごく親しい友人、知人のみが参列するので心から故人との別れを惜しむという人だけの葬式です。
密葬は本当の遺族だけで済ませ後で本葬をするのですが、家族葬ではそれ自体が葬式なのです。
一般に行われている葬式のミニ版ということです。
弔問客に気を遣ったりせずに故人との別れの時間を持ちたい、故人が高齢で知人や友人がいない、宗教にこだわらず音楽葬など自由な葬式がしたい、費用をあまりかけたくない、故人の遺言だったなどの理由で選ばれています。

全員でおくるスタイルが受け入れられています

一般に葬式のあと遺族や親しい人たちだけで火葬場まで行き最後の最後を見送るわけですが、家族葬の場合は参列者全員が近しい人なので、葬式のあともそのままみんなで火葬場まで行くというケースが多いようです。
ただ故人と最後のお別れができなかった人達が葬式後に弔問に来てくれることがあるので、そのための準備は必要ですが、このように心を込めてお別れが出来る「家族葬」は核家族化が始まって久しい現代の生活に最も合った葬式の形かもしれません。

家族葬儀のイロハ記事一覧