メモリアル家族葬のレーベン社

低価格で高品質な家族葬のことならお任せ下さい

家族葬は今後の葬式の最も執り行われる形式

密葬ではない家族葬の特徴とは?

身内や親族等ごく内輪だけで執り行う葬式のことを密葬と言います。
密葬に代わる、新しい言葉として登場したのが家族葬ということになります。
密葬との違いは密葬の場合は別途本葬が執り行われる場合が多いことです。
家族葬はそれ自体が規模が小さくても本葬に当たるので、別途葬儀を行うことはありません。

家族葬は高齢者社会の反映です

なぜ家族葬でおくる人が増えているのか
家族葬が増加している原因は幾つか考えられます。
高齢社会に伴い、男女問わず平均寿命が世界一の水準を誇る程の長寿社会となっています。
平均年齢が80歳超となった今、会社を定年退職してからの期間が長くなっていることもあり、葬式への会社関係者や職場関係者の参列が少なくなっています。
地域社会も以前のような近所付き合いがなくなり、参列が少なくなっています。
高齢者自身も高齢者施設へ入所される方が増え、高齢者施設で葬式を執り行う方も増えています。
訃報の連絡が届かないといったケースも増えています。
そのような中で訃報を通知する方も少なくなり、本葬を執り行う必要がなくなっているということもあり、家族葬が増加している原因となっています。

密葬のような本葬を行う必要もありません

本葬を執り行うにあたっては幾つかのマナーがあります。
喪主の挨拶や弔辞等の言葉を葬祭業者の方と相談する、定型文に沿った文章を考えることとなります。
進行や席順も検討することとなります。
その点、家族葬においては柔軟に考えることが出来ます。

柔軟な対応が可能な自由な葬儀が可能です

しきたりに囚われることなく、故人が好きだった音楽を流したり、思い思いの言葉をかけることも可能となります。
進行や席順も柔軟に考えて、故人の思いを最大限に取り入れた葬式を行うことが出来ます。
しめやかに執り行う事も出来れば、賑やかに執り行う事も出来ます。
マナーやしきたりに囚われない柔軟な形で執り行うことが出来るのが家族葬の最も魅力的な点であります。
今後、このような形式で執り行われる事が多くなっていきます。

家族葬儀のイロハ記事一覧